はまぎん こども宇宙科学館

イベント

【8月】ウィークエンドレクチャー「太陽系の天体たち」

開催日: 2019.08.032019.08.31

火星、木星、土星など、太陽系の観測は、人類共通の目標のひとつです。

日本のみならず、世界各国の探査...

【9月】ウィークエンドレクチャー「地球から見た月・月から見た地球」

開催日: 2019.09.012019.09.29

地球から見た月には、肉眼でも模様が見え、満ち欠けする様子も観察することができます。

では、もし月か...

星空観察会「9月の星空をみよう!太陽系の惑星・環のある土星をみよう!」

開催日: 2019.09.07

科学館前庭で天体望遠鏡を使い、月や惑星、星雲、星団、銀河などの天体をみます。

今回は、夏の星座を探...

はまぎんキッズ・サイエンス Vol.6 有人月面着陸50周年 「とっておきの 月のはなし」<トークイベント第4回> 「くらしの中の月のすがた~昔から伝わる月の文化~」

開催日: 2019.09.07

今年は、1969年のアポロ11号による人類初の有人月面着陸から50周年です。

身近だけれども、まだまだわか...

星空観察会「9月の星空をみよう!中秋の名月をみよう!」

開催日: 2019.09.13

科学館前庭で天体望遠鏡を使い、月や惑星、星雲、星団、銀河などの天体をみます。 今回は、中秋の名月を天...

星空観察会「9月の星空をみよう!太陽系の惑星・環のある土星をみよう!」

開催日: 2019.09.21

科学館前庭で天体望遠鏡を使い、月や惑星、星雲、星団、銀河などの天体をみます。

今回は、夏の星座を探...

星空観察会「10月の星空をみよう!月をみよう!」

開催日: 2019.10.12

科学館前庭で天体望遠鏡を使い、月や惑星、星雲、星団、銀河などの天体を見ます。

今回は、秋の星座を探...

星空観察会「M31・アンドロメダ銀河をみよう!」

開催日: 2019.10.192019.11.02

科学館前庭で天体望遠鏡を使い、月や惑星、星雲、星団、銀河などの天体を見ます。

今回は、秋の星座を探...

プラネタリウム

ドーム径23m、座席数270席(車いす席3席分スペース含む)、五藤光学SUPER HELIOS

プラネタリウム投影スケジュール

・平日:9:45〜(団体専用・事前予約制)、11:00〜(団体専用・事前予約制)、12:15〜、13:30〜(団体専用・事前予約制)、14:45〜、16:00〜

・土日祝日:10:00〜、11:15〜、12:30〜、13:45~、15:00〜、16:00〜

*繁忙期(春休み・GW・夏休み)は土日祝日の投影スケジュールとなります。詳細はHPへ。

費用:大人600円、4才~中学生300円(別途入館料が必要です)

*3才以下のお子様でも座席を利用される場合は有料となります。

★「ドラえもん『宇宙ふしぎ大探検』3 ~地球のふしぎ~」★

ドラえもんやのび太達は、ひみつ道具を使って地球のふしぎを体験する旅に出かけます。地底探検車で地下に眠る恐竜の化石を発見したり、タイムマシンで恐竜絶滅の場面にでくわしたり、ペタリ甲板でクジラと共に海の旅を楽しんだり、アポロ宇宙船に乗って地球を離れて大空の彼方に旅立つ体験など、たくさんの体験を通して地球のふしぎを解き明かすヒントを学んで行きます。そして、番組の最後に、宇宙に浮かぶ地球のふしぎが、そのひみつが、解き明かされることでしょう。

約15分間、スタッフによる星空の解説も行います。

■7月20日(土)~9月1日(日)

毎日10:00~、12:30~、15:00~ 各回約45分

■9月5日(木)~9月30日(月)

平日12:15~ 土日祝10:00~、12:30~、15:00~ 各回約45分

★「かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち」★

海底でお宝探索中のゾロリたち。しかしタコの軍団に襲われてしまう。

おならの爆発によって脱出したものの飛ばされたのは、なんと宇宙。

やってきたのは謎の星、ムムーン星。そこでは今、巨大怪獣が暴れていた。

ムムーン星人の美少女クララに一目ぼれしたゾロリは、彼女のハートをゲットするために怪獣退治を引き受けてしまう。

はたしてゾロリたちは巨大怪獣をやっつけて、無事に宇宙から地球に帰ることはできるのか!?

約15分間、スタッフによる星空の解説も行います。

■7月20日(土)~9月1日(日)

毎日11:15~、16:00~ 各回約45分

■9月5日(木)~9月30日(月)

平日14:45~ 土日祝11:15~、16:00~ 各回約45分

★生解説「自由研究にピッタリ! この夏は惑星を見たい!! 木星・土星スペシャル」★

夏休みといえば、夏祭りに花火大会! 夏のイベントの帰り道、夜空を見上げてみませんか? 今年の夏のオススメは、太陽系の惑星、木星と土星です。木星のしま模様の仕組みや土星の環の正体など、不思議がいっぱいな木星・土星のひみつに迫ります。また、夏休みの宿題によく出る「夏の大三角」についてもお話します。

■2019年8月13日(火)~2019年9月1日(日)

毎日13:45~ 各回約45分

★生解説「横浜で見よう! 輝くお月見!!」★

きらびやかな夜景と、明るい星たちの輝きが共演する横浜の夜空。なかでも月は、どの星よりも鮮やかに輝きます。その輝きを手に取ることができたら、なんて素敵でしょう。でも月を独り占めにすることは、誰にもできません。月は、地球に生きるすべての生命に影響を与えています。9月13日はお月見です。横浜から、宇宙から、お月見を満喫してみませんか。 

45分間、満天の星空をお楽しみいただけます。

■2019年9月5日(木)~2019年9月13日(金)

平日16:00~ 土日祝13:45~ 各回約45分

★生解説「星をつないで! 星座ヒストリー」★

はるか昔より、人々は星をつないでいろいろなものに例え、思いをめぐらせてきました。現在私たちの使っている88個の星座には、何千年も昔から伝えられてきた星座が、今も受け継がれているのです。けれども、長い年月を重ねてきた中で、失われてしまった星座もあります。古代から現代まで、人々がどのようなおもいで、どのような星座を描いてきたのかをたどってみましょう。

45分間、満天の星空をお楽しみいただけます。

■2019年9月14日(土)~2019年9月30日(月)

平日16:00~ 土日祝13:45~ 各回約45分

洋光台サイエンスクラブ2019年度のご案内

はまぎん こども宇宙科学館と洋光台まちづくり協議会が協働し、子ども達の科学への興味を育み、理科離れに歯止めをかけることを目的として設立した、会員制の組織です。 2019年で設立15年目を迎えるこのクラブは、科学にふれるきっかけの場となる教室を数多く開催いたします。

対象:小学生以上

会員登録費:無料

登録可能期間:2019年3月1日(金)~2020年2月29日(土)

会員期間:登録手続き完了後~2020年3月31日(火)

その他

横浜市は、ネーミングライツ契約について株式会社 横浜銀行と契約更新をいたしました。 市民の皆様にも定着している「はまぎん こども宇宙科学館」の名称を引き続き使用してまいります。

 契約期間:2016年4月1日から2021年3月31日まで(5年間)

所在地
235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
電話
045-832-1166
FAX
045-832-1161
ウェブサイト
アクセス
JR京浜東北・根岸線 洋光台駅より徒歩3分
横浜横須賀道路港南台ICから車で5分
開館時間
9:30-17:00(最終入館は16:00まで)
休館日
第1・3火曜日、年末年始、臨時休館
料金
入館料大人400円/小・中学生200円
宇宙劇場(プラネタリウム)大人600円/4才〜中学生400円 ※3才以下でも座席を利用する場合は有料
施設画像