大阪市立科学館

イベント

大阪市立科学館資料で見るノーベル賞展

開催日: 2017.09.162017.12.17

大阪市立科学館が所蔵するノーベル賞に関する資料を紹介します。 科学の発展に大きく貢献した研究に対して...

天体観望会「冬の月を見よう」

開催日: 2017.12.02

月のクレーターを見たことはありますか?科学館の大型望遠鏡を使って、実際にその姿を観察してみましょう。...

大阪光の饗宴記念2017 トワイライト追加投影

12月3日(日)、10日(日)、17日(日)、23日(土・祝)、24日(日)各日17:00~
※展示場は、通常通り...

大阪光の饗宴記念2017 トワイライト追加投影

開催日: 2018.01.07, 2018.01.08

1月7日(日)、8日(月・祝)各日17:00~
※展示場は、通常通り17:00で終了します(展示場の入場は16:30...

プラネタリウム

平日 10:20〜、11:10〜、12:00〜、13:00〜、14:00〜、15:00、16:00〜(10:20は団体専用)/土・日・祝日10:10〜、11:00〜、12:00〜、13:00〜、14:00〜、15:00、16:00〜 各回45分間、生解説+自動テーマ投影

プラネタリウム「秋の夜長に月見れば」
2017年8月29日(火)~11月26日(日)
三日月、半月、満月…月は毎日形が変わります。また、月の黒い模様を見ると、まるでうさぎが餅つきをしているように見えます。人々は、月を鑑賞し、風情のある名前を付け、暦の基準にしてきました。月を望遠鏡でのぞいてみると、さらに面白い姿を見ることができます。丸いお椀のような形をしたでこぼこが、たくさん見えるのです。一方、黒い模様の部分は、平らになっています。月の不思議な地形は、見ていて飽きません。秋の夜長に、月をじっくりながめてみましょう。※前半は今夜の星空解説

プラネタリウム「さがせ!第2の地球」
2017年8月29日(火)~11月26日(日)
生命が住める地球のような星は宇宙のどこかにあるでしょうか?調べてみると、宇宙にはおどろくほど多様な星の世界があります。マグマの海をもつ星、地面がネオンサインのように輝く星、まっ黒な火山がダイヤモンドをまき散らす星。生命が住む星「第2の地球」もきっとあります。さあ、桂しん吉さんの案内で、第2の地球を探す旅に出かけましょう。※前半は今夜の星空解説

プラネタリウム「ブラックホール合体!重力波」
2017年12月1日(金)~2018年2月25日(日)
2015年9月14日、人には感じ取れない、ごくごくかすかな波が地球を通り抜けていきました。このかすかな波はしかし世界を大きく揺り動かしました。これこそ予言から100年間、物理学者が待ち続けた重力波だったのです。その検出に対し2017年のノーベル物理学賞が与えられました。日本の重力波観測装置KAGRAも観測を始めます。ブラックホールや中性子星の合体によって生じる時空の波、重力波のヒミツに迫ります。※前半は今夜の星空解説

プラネタリウム「星の誕生」
2017年12月1日(金)~2018年2月25日(日)
夜空で輝く星はどのように誕生したのでしょうか。長年謎であったしくみが、近年明らかになってきました。きっかけは、天体から出される電波や赤外線、X線やガンマ線といった、私たちの目に見えない光をとらえる望遠鏡が開発されたことでした。最新の電波望遠鏡アルマによる研究成果をはじめ、明らかになってきた星や太陽系の誕生のしくみとその様子、星の一生の輪廻(りんね)について、ご紹介します。※前半は今夜の星空解説

プラネタリウム ファミリータイム
~2018年3月31日(土)の土、日、祝日、12/26、12/27、1/5 午前11時10分

望遠鏡

50cm反射望遠鏡、35cmシュミカセ、25cm反射望遠鏡、10cm双眼望遠鏡、小型望遠鏡12台、双眼鏡10台など

その他

大阪市立科学館友の会(会員800家族)年会費3000円 月刊うちゅう誌郵送、毎月第3土曜に例会、各種サークル活動、合宿天体 観測会ほか

所在地
530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-1
電話
06-6444-5656
FAX
06-6444-5657
ウェブサイト
料金
プラネタリウム観覧料 各大人600(480)円/高・大学生450(360)円/3歳以上中学生以下300(240)円(団体割引)
施設画像