梅園の里天文台「天球館」

望遠鏡

三鷹光器 カセグレン式反射型(ワンダーアイ装備)。口径65cm。ドーム径7.5m

その他

梅園の里内に大浴場、キャンプ場、公園あり

江戸時代の豊後の哲学者 三浦梅園の生誕の地に設置された施設です。梅園の里は大分県内最大口径の望遠鏡をもつ天文台のほか、地元の食材を使った料理を提供する和風レストランや日帰り入浴も可能な大浴場もあります。近くには三浦梅園が作成した天球儀(重文)などを展示した資料館もあります。

所在地
873-0355 大分県国東市安岐町富清2244
電話
0978-97-2655
FAX
0978-97-2655
ウェブサイト
アクセス
大分空港道路安岐ICより車で20分 大分空港より車で30分
休館日
火曜日(祝日の場合は翌平日)
料金
入館無料  ★天体観察:一般500円/高校生300円/小中学生200円  ★年間パスポート:一般1500円/高校生900円/小中学生600円
施設画像