★星空とともに

場所

開催日

東日本大震災の夜、大停電の被災地を照らしたのは、見たこともないような満天の星でした。その輝きに被災者たちは何を見、何を想ったのでしょうか。 新聞などに寄せられた震災の夜の星空にまつわる想いを元に、震災の翌年、仙台市天文台で独自に制作されたプラネタリウム番組「星空とともに」を、ギャラクシティのまるちたいけんドームで上映します。

東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から約8年。多くの尊い命が失われた震災の記憶を風化させないため、「星空とともに」を通して、もう一度特別なあの日を思い起こし、今なお復興の途中にある被災地の現状に思いをめぐらせます。

【日 時】3月9日(土)・10日(日)12:00~12:45

【会 場】2階 まるちたいけんドーム(プラネタリウム)

【対 象】どなたでも(定員:170名)

【料 金】無料

   ※詳細はホームページをご覧ください。

width=

© 仙台市天文台

*本日の投影は、<ギャラクシティ本日の投影番組> をご確認ください。