「春の星座観察会」

場所

開催日

春の夜空を見上げると、頭の上から少し北の方向に、七つの星が「ひしゃく」の形を描いているおおぐま座の「北斗七星」が見つかります。 北極星を探す目印になる星の並びとして有名です。 そして、その弓なりにそりかえったひしゃくの柄のカーブを、そのまま下に伸ばしていくと、黄色く光る明るい星、「うしかい座」の1等星、「アークトゥルス」があり、さらにカーブを先に伸ばすと、青白く輝く「おとめ座」の1等星「スピカ」にたどり着きます。 北斗七星からスピカまでのこの大きなカーブを、「春の大曲線」とよんでいます。 このうしかい座の「アークトゥルス」とおとめ座の「スピカ」、そしてしし座のお尻のところにある2等星、「デネボラ」を結んでできる大きな三角形が「春の大三角」です。 おとめ座の西(右)の高いことろに、クエスチョンマークを裏返したような星の並びが見えます。これは、「ししの大鎌」とよばれる、しし座の頭から胸に当たる部分で、草刈鎌(くさかりがま)に形が似ていることからこのよび名が付きました。 「ししの大鎌」の柄の先には、1等星の「レグルス」が、白く輝いています。

善兵衛ランドの望遠鏡で見てみませんか?予約不要。入場無料。駐車場無料。