「眠れない夜の月」トークイベント

人形アニメの第一人者であり、CMディレクターでもある、プラネタリウム番組「眠れない夜の月」監督の八代健志氏をお招きし、24コマで1秒になるストップモーションアニメ撮影時のエピソードや作り方、考え方のお話、簡易的なコマ撮りのセッティングと人形を使ってのデモンストレーションなどを予定しています。作品の裏側をのぞいてみましょう!

 【日時】2018年2月12日(月・休)14:30~15:30  【対象】小学生~大人※小3以下は保護者同伴  【定員】40人  【費用】無料  【申込方法】下記の項目を記入しメールでお申し込みください。(先着順受付) ①イベント名②郵便番号・住所③氏名(ふりがな)④電話番号⑤学年または年齢⑥保護者同伴の場合は保護者名

 【八代健志プロフィール】 1969年秋田県出身。1993年東京藝術大学卒、太陽企画株式会社入社。CMディレクターとして数多くのCMを手掛けるかたわら、人形アニメーションの世界に興味を持ち、独自に研究・実験を重ね、CMやWebムービー等でも数多くの人形アニメーション(コマ撮り)作品を手掛けている。2012年に自主作品「11月うまれの男の子のために。」を完成。第14回広島国際アニメーションフェスティバルにおいて、「現代日本のアニメーション」14作品の一つに選出され公式上映された。

 【主な作品】マクドナルド「月見バーガー」CM、マイクロソフトCM、プラネタリウム番組「眠れない夜の月」、プラネタリウム番組「ノーマン・ザ・スノーマン」

 【主な受賞(眠れない夜の月)】  ・映文連アワード2016 文部科学大臣賞  ・ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2016ジャパン部門最優秀賞・東京都知事賞