七夕の星と土星・木星観察会

場所

開催日

東の空の高いところに、明るい3つの星が、大きな三角形を作っています。「夏の大三角」と呼ばれる、夏の代表的な星たちです。 1番明るい星は、「こと座」の「ベガ」、2番目に明るい星は「わし座」の「アルタイル」、そして3番目は「はくちょう座」の「デネブ」です。 「夏の大三角」に、長い首を突っ込むような形で羽を広げているのが、「はくちょう座」です。長い首の先にあるくちばしのところには、大変美しい二重星「アルビレオ」があります。天体望遠鏡では、オレンジ色の3等星とエメラルド色の5等星がきれいに並んでいるのが見えます。 「ベガ」と「アルタイル」は七夕伝説でおなじみの「おりひめ」と「ひこぼし」です。七夕は、7月7日に行う星まつりで、本来、旧暦の7月7日に行われていました。現在のカレンダーでの7月7日は、梅雨の時期にあたるため、星の見えない日が多くなります。しかし、旧暦では梅雨が明けて晴れる日が多くなり、また、ベガとアルタイルは頭上高く昇るので、見やすくなります。今年の伝統的七夕(旧七夕)は8月7日です。 予約不要・入館料無料・無料駐車場有