国立天文台パネル展 「小栗順子 切り絵ワールド」&「宇宙からの光」

宇宙は広く、隣の恒星にさえ行くことはできませんが、
レントゲンのように、さまざまな電磁波を使えば、
はるか遠くの天体の内部構造や温度、磁場の強さまで見えてしまうのです

そこで当館では、国立天文台がハワイのすばる望遠鏡、
そしてチリのアルマ望遠鏡などを使い、いろいろな種類の光で撮影した
うつくしい宇宙の画像を展示します

「見えない光」が「見た」神秘の宇宙の姿、ぜひご堪能ください

それだけではありません!

国立天文台図書館司書の小栗順子さんが制作された、
宇宙や神話がモチーフの、幻想的な切り絵の作品も展示します

小栗さんの切り絵は、黒い紙をカッターで切りぬいて作られます
きりっとしたシルエットの隙間にあふれるステンドグラスのような色彩…

それはまるで、闇に灯る宇宙の光そのもののようです

「感性」で宇宙を見る、という思いでご観覧ください!

【日時】2017年12月16日(土)のみ 13:00~17:00

2017年12月17日(日)~2018年1月28日(日) 9:30~17:00

【場所】わくわくホールA

【料金】無料♪

※お申込みは、不要です

詳細はこちら→https://science-hills-komatsu.jp/wp/event/14249/