土星と火星・夏の星座観察会

場所

開催日

今日は、20:00~23:00まで開館 東の空の高いところに、ひときわ明るく輝く星が見えます。これは、こと座のベガです。ベガから南東(右下)方向に握りこぶし3つ半の位置にわし座の1等星アルタイルがあります。また、ベガから北東(左下)方向に握りこぶし2つ半の位置にはくちょう座のデネブがあります。この3つの明るい星を結ぶと大きな三角形ができます。これを「夏の大三角」といいます。「ベガ」と「アルタイル」は七夕伝説でおなじみの「おりひめ」と「ひこぼし」です。 次に「夏の大三角」から西(右)に目を移すと明るく輝く土星が見えます。 さらに、土星の西(右)に赤く輝いている明るい星は、さそり座の1等星アンタレスです。さそり座は、アンタレスを胸においてS字に星が連なる星座です。 わし座のアルタイルと土星の中間あたりの低いところに、アンタレスと同じく、赤く輝く星が見えます。この星は、7月31日に地球に大接近し、明るく見えている火星です。 惑星と夏の星座を観察しよう! 予約不要・入館料無料・駐車場無料(約50台)