星空案内イベント「飛鳥の宙」

1983年に発見されたキトラ古墳は、高松塚古墳に次いで2例目の極彩色壁画古墳であり、その大きな特徴は天井に描かれた天文図です。7世紀から8世紀に描かれたとされる天文図は、日本のみならず現在発見されているものでは世界最古の本格的な星図とも言われています。この天文図が描かれたとされる時代は、天武天皇による日本初の天文台の設置や改暦が行われるなど、日本天文学のスタートにあたり、キトラ古墳はまさにそのシンボルです。 今回、このキトラ古墳を包含する国営飛鳥歴史公園において、史上初めの星空観望会のイベントを開催します。 1300年の時を超えて飛鳥の宙を体験します。

《飛鳥の宙》
■ 日程:
9月22日(土) 13:00〜20:30

■ 会場:
国営飛鳥歴史公園 キトラ古墳周辺地区/奈良県高市郡明日香村

■ ウェブサイト: 飛鳥の宙 http://hoshi-kyoto.net/new/asuka.html

■ プログラム:
・13:00〜16:00 天体望遠鏡を作ってみようー天体望遠鏡製作教室ー
  事前予約(製作キット代金:3,500円)
・14:00〜16:00 みんなで作ろうキトラ天文図ー謎解きゲームー
・18:40頃〜(整理券配布は17:30頃〜)
  Mitakaで宇宙旅行体験!! ー4次元デジタル宇宙シアターー
・19:00頃〜(整理券配布は17:00頃〜)
  星空案内ツアー ー星のソムリエによる星空案内ー
・19:00〜 星空観望会

■ 主催:
NPO法人 星のソムリエ京都

■ 共催・協力:
国営飛鳥歴史公園飛鳥管理センター
明日香村観光交流活性化事業実行委員会
明日香村商工会

■ 機材協力:
京都大学大学院理学研究科附属天文台/天文普及プロジェクト室

■ 備考:
曇天・雨天の場合は、みんなで作ろうキトラ天文図、星空観望会及び星空案内ツアーは中止となり、代わりにモバイルプラネタリムを実施します。