コニカミノルタプラネタリア TOKYO

イベント情報・投影情報について

イベント等の自粛要請を受けて、通常と異なるイベント・投影スケジュールでの運用を行う場合や、休館などの対応が取られている場合があります。最新情報は各館のウェブサイト等を必ずご確認ください。

プラネタリウム

『星と怖い神話 怖い絵×プラネタリウム』
2022年7月1日~

『ポケットモンスター オーロラからのメッセージ』
2022年7月15日(金)~

『Songs for the Planetarium vol.1』
2022年10月27日~

『星夜に浮かぶ島』
2022年11月19日(土)~

『時を刻むこの星空 with DREAMS COME TRUE』
2023年1月6日(金)~

『星空ラウンジ』

2021年2月18日(木)より、星につつまれ、思い思いに自由な時間を過ごす ことのできる新しいプラネタリウム『星空ラウンジ』がスタート

星空の下で、思い思いに過ごす『星空ラウンジ』 星につつまれ、自由な時間を楽しめる『星空ラウンジ』 がスタート。『星空ラウンジ』では、昼と夕方に1時間ず つ、星にまつわる美しい小品、その日の星空やドーム立 体音響を駆使した音楽体験など、多彩な星のプログラム をお楽しみいただけます。 小声でのご歓談、カフェなどの飲食、フラッシュなしで の写真や動画の撮影も可能で、お好きな時間に入退場も できます。星につつまれながら、ゆったりと思い思いの 時間をお楽しみください。日によって、少しずつ違う内 容を組み合わせたプログラムでご案内するため、ご来場 のたびに新しい魅力をお楽しみいただけます。 ※ご歓談の際は必ずマスクの着用をお願いいたします。 ※飲食時の会話はお控えください。 【星空ラウンジでお楽しみいただける作品例】
「極夜、白夜とその終り」
北極圏や南極圏では、季節によって、一日中太陽がのぼらない日(極夜)や沈まない日(白夜)がありま す。1/2日分の極夜、3日分の白夜、そして白夜最後の3日を鑑賞しながら、くりかえしのようで全てが一度 しかない、わずかなずれが生む美しさを体験ください。
「夜の地球儀」
夜の地球が宇宙の中をゆっくりと回っている――。自転する地球のなかに入りこみ、満天の星を眺めている かのような体験ができる作品です。交錯する都市の光と星の光を眺めるうちに、天が動いていたと信じられ ていた過去や100万年後の未来へと旅をします。
「きょうの星空(スタッフによるライブトーク)」
その日の星空を、少し変わった切り口で語ります。季節はもちろん、回によって変わる、星にまつわるこぼ れ話をお楽しみください。※2021年春以降開始予定

所在地
100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目5-1 有楽町マリオン 9階
ウェブサイト
施設画像