"オーロラウォッチャー"と北極圏の星空

天空のショーを求めて、北極圏の旅に出る
"オーロラウォッチャー"と北極圏の星空
 太陽と地球が起こす自然の芸術オーロラ。
 「オーロラウォッチャー」は、その発生のメカニズムの解説を聞きながら、ドーム空間いっぱいに広がるオーロラの映像を体感できる、ネイチャードキュメント番組です。映像番組の前には、北極圏の星空の生解説もお楽しみください。

オーロラウォッチャーイメージ

プラネタリウム

「FuchuにはUchuがある」

リニューアル1周年!!

1億個の星と美しい映像…!

ドーム径23m(平面)、五藤光学ケイロン3ハイブリッド、バーチャリウムX
映像はレーザー光源の4Kプロジェクタ4台(2分割を重ね)で明るく高精細
座席にはアンケートやクイズの楽しめるレスポンスアナライザーを備え、最後列にある幅の広いベンチシートも人気があります。
車椅子席は最大で10席分をご用意。磁気ループ式の補聴器システムもあり、Tモードに対応。補聴器の貸し出しも行います。

通常投映番組
・平日  ※梅まつり期間は除く
     14:15~ オーロラウォッチャーと北極圏の星空(前半生解説)
     15:30~ 星空世界旅行(全編生解説)

・土日祝
     10:15~ 星空世界旅行(全編生解説)
     11:30~ 今夜の星空とリラックマのプラネタリウム(前半生解説)
     13:00~ オーロラウォッチャーと北極圏の星空(前半生解説)
     14:15~ 今夜の星空とリラックマのプラネタリウム(前半生解説)
     15:30~ 星空世界旅行(全編生解説)

・梅まつり期間(2/1~3/8)の平日
     11:30~ 今夜の星空とリラックマのプラネタリウム(前半生解説)
     14:15~ オーロラウォッチャーと北極圏の星空(前半生解説)
     15:30~ 星空世界旅行(全編生解説)

 ※12/22の13:00と14:15、2/23の11:30と15:30、3/7・8の15:30は特別イベントのため通常投映はありません。

プラネタリウム観覧料

大人600円、中学生以下300円(博物館入場料が別に必要)、4歳未満無料

博物館入場料

大人300円、中学生以下150円、4歳未満無料

その他

 天文展示コーナーでは「府中の中の宇宙」をテーマに、郷土府中と宇宙をつなげた展示を行っています。
府中市に工場があるNEC所蔵の工学実験衛星「ひてん」模型、郷土の森で30年間稼働したプラネタリウム、五藤光学研究所製(府中に本社があります)GL-ATの珍しいカットモデルなどを展示しています。

府中市郷土の森博物館

 プラネタリウム以外にも、当館には魅力がいっぱい!季節ごとに咲き誇る花々や復元建物。
園内散策や本館展示で一日楽しめる総合博物館です。