もしも君が杜の都で天文学者になったら

全国から“宇宙好きの高校生”が集い、1週間の合宿の中で実際に天文学の研究を行います。班ごとに議論を進めながら自分たちで研究テーマを設定し、データを取得し、それを解析し結論を導き出すという研究の過程を体験します。天体観測は、仙台市天文台が誇る1.3m「ひとみ望遠鏡」を参加者自ら操作しながら行います。研究成果は、最終日に市民の皆さまの前で発表し、希望者は日本天文学会ジュニアセッションで発表することができます。期間中は、各班に教員や学生がつきサポートしますので、天文学の知識がなくても宇宙に興味のある高校生ならどなたでも参加できます。

■12月23日(土)~29日(金)
■会場 仙台市天文台、東北大学 ほか
■申込 ホームページより申込む。800文字程度の作文が必要
 https://www.astr.tohoku.ac.jp/MosiTen
■参加費 8000円程度(宿泊費含む。食費と交通費はプラス実費負担)
■問合せ 津村耕司助教(東北大学 学際科学フロンティア研究所、東北大学理学研究科/理学部天文学専攻)
 TEL 022-795-6608
 Eメール tsumura@astr.tohoku.ac.jp