江戸時代の時刻と十二支~太陽の動きと暮らし~

白井市郷土資料館とプラネタリウムの共催です。江戸時代には、日の出と日の入りを基準とする「不定時法」で暮らしが営まれてきました。今回は、太陽の動きと深く関わっていた江戸時代の時刻と、十二支について考えていきます
2月16日(土)11:00~12:00
場所 プラネタリウムドーム
料金 340円
募集 2月1日(金)から受付開始
一般 80人(先着順)
大人向け・予約制