郷土史講座「月待講・日待講と夜空」

白井市郷土資料館とプラネタリウムのコラボ投映です。江戸時代「月待」という、特定の月齢の日に月見をする行事が、盛んに行われていました。月待や日待の行事について紹介するとともに、江戸時代の人々が見ていた夜空をプラネタリウムで再現し、解説します
1月20日(土)11:00~12:00
場所 プラネタリウムドーム
料金 320円
募集 1月5日(金)から受付開始 一般80人(先着順)
※お問い合わせは 白井市郷土資料館 TEL047-492-1124