京都市青少年科学センター

プラネタリウム

オリジナル番組を生解説で行っています。
一般投映番組 土日祝及び夏休み期間中の平日11:00~、13:00~、15:45~、月曜日13:00~、15:45~、火・水・金曜日15:45~
ちびっこプラネタリウム 土日祝及び春休み期間中の平日14:25~
(投影時刻は都合により変更する場合があります。事前にお問い合わせください)
ドーム径16m、座席数203席、ミノルタインフィニウムγII

幼児向け投映(約30分)
歌ったりかけ声をかけたりしながら,月や星をみつけて,星空をたのしみましょう。 おしゃべりしても,じっとしていなくてもOK。就学前のお子様のプラネタリウムデビューにおすすめの番組です。
「はじめてのプラネタリウム~はるのほし~」
4月27日(土),5月25日(土),6月22日(土)11:00~

子ども向け投映「ちびっこプラネタリウム」(約40分)
その日の「星空案内(星や星座の見つけ方など)+星にまつわるお話(月替わり)」をします。
土・日・祝日・冬休み平日14:25~
テーマ:「てんにのぼったくま(4月)」,「おとめざものがたり(5月)」,「たなばたものがたり(6月1日~7月7日)

一般向け投映
「太陽系クイズラリー」(約45分)
 太陽系には,さまざまな天体たちが存在します。母なる星・太陽,個性的な惑星たち,最近注目を集めている衛星,いびつな形の小惑星,「旅人」のようなすい星など,みどころいっぱいです。ルーレットで選択するクイズに挑戦しながら太陽系をめぐりましょう!  ※50周年記念リバイバル番組(人気第4位)です。
平日15:45~,月曜日は13:00~も投映
土・日・祝日・春休み平日11:00~,13:00~,15:45~
投映期間:5月8日(水)~6月19日(水)

「すごいぞ!宇宙望遠鏡」
その日の「星空案内(星や星座の見つけ方など)+当館のオリジナル番組」です。
25年以上にもわたって宇宙の驚異的な姿を映し出してきたハッブル宇宙望遠鏡。そして,そのハッブルを大幅に上回る性能をもつ宇宙望遠鏡の打ち上げが予定されています。その名は,ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡!どのような成果が期待されているのでしょうか? 平日15:45~,月曜日は13:00~も投映
土・日・祝日・春休み平日11:00~,13:00~,15:45~
投映期間:3月8日(金)~5月6日(月)

「宇宙への行き方 ~わくわく宇宙エレベーター~」(約45分)※ 宇宙に行きたいと思ったことがありますか?どうやったら,宇宙に行くことができるのでしょうか。最近注目を集めている宇宙エレベーターなど宇宙飛行士にならなくても宇宙に行ける方法を紹介します。
平日15:45~,月曜日は13:00~も投映
土・日・祝日・夏休み平日11:00~,13:00~,15:45~
投映期間:6月21日(金)~7月31日(水)

望遠鏡

五藤光学屈折赤道儀 口径25cm ドームあり その他15cm双眼鏡、20cmシュミカセ、12.8cm屈折など

その他

見て、さわって、科学の世界を体験できる施設です。プラネタリウム、展示場のほか、大画面マルチビジョン、なるほど実験ランド、演示実験コーナー、チョウの家などがあります。

所在地
612-0031 京都府京都市伏見区深草池ノ内町13
電話
075-642-1601
FAX
075-642-1605
ウェブサイト
アクセス
京阪電車藤森駅下車西へ400m、地下鉄近鉄竹田駅下車東へ1km
市バス南5、臨南5、南8 青少年科学センター前下車南へ100m
休館日
木曜日(祝日・振替休日を除く),祝日・振替休日の翌平日,年末年始(12/28~1/3)
料金
入場料 大人510円/中・高校生200円/小学生100円、プラネタリウム大人510円/中・高校生200円/小学生100円 ※プラネタリウムの観覧には入場料が必要 ※7月14日(土)~8月31日(金)は入場料が高校生以下無料,大人460円
施設画像